Chromeの拡張機能FireShotでパソコン画面の切り取り(キャプチャー)をする方法

パソコンでWebページを閲覧しているときに画面をキャプチャーしたい時があると思います。

Print Screen(プリントスクリーン)機能を使用すれば画面のスクリーンショットはできますが、その特に表示されている画面のキャプチャーしかできないので、画面の一部だけを切り取りたい時やページ全体をキャプチャーしたい時には向きません。

そこで今回は、パソコンのページ全体や画面の一部を選択してキャプチャーすることができるChromeの拡張機能『FireShot』をご紹介します。

(『FireShot』はFirefoxやIEでも利用できますが、今回はChromeの拡張機能について書いていきます。)

 

FireShotとは

FireShotとは、Webページ画面の一部切り抜きや表示している画面、ページ全体を簡単にキャプチャーできるGoogle Chromeの拡張機能です。

キャプチャーした画面はJPEG・PNG形式の画像またはPDFとして保存できます。また、スクリーンショットをGmailに送信・クリップボードにコピー・印刷も可能です。

FireShotのインストール方法

Chrome ウェブストアに移動して、左上の検索欄に『FireShot』と入力して検索してください。

表示された検索結果から「ウェブページ全体をスクリーンショット – FireShot」をクリックします。

詳細ページが表示されるので、右上にある「Chromeに追加」をクリックしてください。すると『FireShot』をChromeに追加するかどうかの確認のポップアップが表示されるので「拡張機能を追加」をクリックすると、インストールが開始されます。

インストールが完了すると拡張機能に追加され、右上にFireShotのアイコンが追加されます。

FireShotの設定方法

このままでもすぐに使用できますが、キャプチャー画面を保存する画像形式や保存方法を変更するために、初めに設定を行います。

Chromeの右上にあるFireShotのアイコンを右クリックして、「オプション」をクリックしてください。(バージョンによっては「設定」と表示されています。)

名前を付けて画像を保存する際の形式はデフォルトではPNGですが、JPEGに変更できます。

「保存方法をカスタマイズ」ではキャプチャー画面を保存した後にフォルダを開いたり、保存後に自動的にFireShotのタブを閉じるなどの設定ができます。

基本的にデフォルトのままで問題ありませんが、ファイルサイズを小さくするために画面の保存形式をJPEGにするなど、目的に合わせて変更してください。

FireShotで画面をキャプチャーする

画面をキャプチャーしたいページを表示したら、FireShotのアイコンをクリックしてください。すると「ページ全体をキャプチャー」・「表示部分をキャプチャー」・「選択範囲をキャプチャー」の3つが表示されます。

今回は「選択範囲をキャプチャー」を選択します。

保存したい範囲を選択するとその部分が明るく表示されます。

範囲を決定すると自動的にスクリーンショットを保存する画面に移動します。

この画面で「画像として保存」をクリックすると、キャプチャーした画面を画像として保存できます。また、PDFとして保存・スクリーンショットをGmailに送信・クリップボードにコピー・印刷することも可能です。

これで選択した画面のキャプチャーは終わりです。

「表示部分をキャプチャー」と「ページ全体をキャプチャー」では言葉の通りのキャプチャーができますが、Print Screen(プリントスクリーン)機能などとは違い、タブやブックマークバーは選択されずにWebページのみを選択してくれます。タブやブックマークバーなども含めてキャプチャーしたい場合には、プリントスクリーン機能などを使いましょう。

おわりに

今回は、パソコンのWebページ画面の一部だけやページ全体をキャプチャーできるChromeの拡張機能『FireShot』をご紹介しました。

インストールするだけで簡単に画面をキャプチャーできる拡張機能ですので、ぜひご利用ください。

スポンサーリンク
記事下広告PC2
記事下広告PC2

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
記事下広告PC2