Androidブラウザ「Habit Browser」のよく使う機能の使い方と設定方法

「Habit Browser」は、多機能でカスタマイズ性の高いAndroidの無料ブラウザアプリです。

カスタマイズ性の高いとても優秀なブラウザですが、多機能すぎて慣れるまでに少し時間がかかることもあると思います。

そこで今回は、「Habit Browser」でよく使う操作や、わかりにくくて困るかもしれない設定や使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

PCサイトを表示する

アクセスしたサイトをスマートフォン表示ではなく、PC版ページで表示したい時の操作方法です。

右下のメニューから「設定」をタップ。「一般」から「ユーザーエージェント」をタップしてください。

右下のメニュー⇒設定⇒一般⇒ユーザーエージェント

すると、初期設定では以下のユーザーエージェントから好きなUAを選択できます。
・デフォルト
・Android
・Android Tablet
・iPhone
・iPad
・PC

PC版ページで表示したい場合は「PC」、タブレット版ページで表示したい場合は「Android TabletやiPad」というように、希望するユーザーエージェントを選択してください。

これでPCサイト版などの希望したUAのページが表示されるようになります。

特定のページのUAを固定する

サイトによっては「このサイトは常にPC版の表示(またはスマホ表示)で見たいな~」ということもあると思います。「Habit Browser」では特定のページのUAを設定することで、指定したページを開いたときのPC/スマホ表示を変更することができます。

設定したいページを開いた状態で、右下のメニューから「すべてのメニュー」をタップして、「サイト別UAに追加する」をタップします。

すると、サイト別ユーザーエージェントを登録する画面に移動するので、希望するユーザーエージェントを選択して「OK」をタップして登録します。

プライベートモードを有効/無効にする

履歴を残すことなくウェブサイトをブラウジングできるプライベートモードの使い方です。

右下のメニューから「設定」⇒「プライバシーとセキュリティー」をタップ。一番上の「プライベートモード」のON/OFFをタップして変更してください。

広告ブロックを有効にする

デフォルトでは広告ブロックが有効になっていると思いますが、広告ブロックが有効になっていない時や、広告の表示を許可したい時の設定方法をご紹介します。

右下のメニューから「設定」をタップ。「コンテンツ」をタップして下にスクロールすると「広告ブロック」の項目が表示されます。広告を表示/非表示したい場合は「広告ブロックを利用する」の設定をON/OFFに変更してください。

ブラウザ終了後に履歴などを削除する

「Habit Browser」ではアプリの終了時に、閲覧履歴やキャッシュなどを削除することができます。(この「終了時」とは、メニューから「終了」をタップしてアプリを終了した場合の動作のことです。)

右下のメニューから「設定」⇒「終了」へ進みます。この画面でブラウザを「終了」から閉じた場合の操作を変更することができます。閲覧履歴やキャッシュ、Cookieなど様々なものを終了時に削除するように設定できるので、希望の設定に変更してください。

まとめ

今回は「Habit Browser」でよく使う操作や設定についてご紹介しました。

「Habit Browser」は多機能なブラウザですが慣れるまでは時間がかかることもあると思うので、この記事などを参考にしてゆっくりと慣れていきましょう。

スポンサーリンク
PC-楽天広告
PC-楽天広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
PC-楽天広告