Androidの「Habit Browser」のメニューを自分好みにカスタマイズする!

Androidの無料ブラウザアプリ「Habit Browser」は多機能でとてもカスタマイズ性が高く、ブラウザの表示や機能などの様々な設定を自分好みに変更できます。

今回は、ブラウジング中に下部に表示されている「アクションツールバー」と右下にある「メニュー」の中のアイテムを自由にカスタマイズする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

アクションツールバーについて

「アクションツールバー」とはHabit Browserの使用中に画面の下に表示されている部分のことで、デフォルトではページの進む・戻る、再読み込み、ブックマーク、タブ一覧などの機能が割り当てられていると思います。

ここに表示されているアイテムは自由に設定ができるので、自分が良く使う機能を割り当てると「Habit Browser」をさらに便利に使うことができます。

アクションツールバーをカスタマイズする方法

右下のメニューから設定⇒表示⇒「アクションツールバー」へ進んでください。すると下の画像のような設定画面が表示されます。

ここではアクションツールバーの表示位置や幅、横画面時に縦に並べるかどうかなどの設定を変更できます。今回は割り当てる機能をカスタマイズするので、一番上の「アイテム設定」をタップしてください。

この画面で好きな機能を割り当てることができます。一見わかりづらいと思いますが、一番”上”がアクションツールバーでの一番”左”の機能です。

タップして選択するだけで簡単に変更できるので、自分が良く使う機能を自由に割り当てていきましょう。「タップ」と「ロングプレス(長押ししたときの動作)」を設定しておくと便利です。また、右側のボタンで機能の並べ替え、上にあるプラス(+)ボタンでアイテムを追加することもできます。

これでアクションツールバーのカスタマイズは終わりです。続けて、メニューのカスタマイズ方法をご紹介します。

メニューについて

右下にある三つの点が縦に並んでいる「メニュー」には、デフォルトの状態でブックマークに追加する、後で読む、設定など10個ほどのアイテムが表示されていると思います。これらも自分好みに設定することができます。

先ほど紹介したアクションツールバーには一番よく使う機能を、メニューにはその次によく使う機能を設定すると便利だと思います。

メニューをカスタマイズする方法

右下のメニューから設定⇒表示⇒「メニュー」へ進んでください。すると下の画像のような設定画面が表示されるので、「アイテム設定」をタップしてください。

ここで自由に機能を割り当てることができます。左側のチェックボックスをタップすると機能をON/OFF、右側のボタンで機能の並べ替えができます。

これでメニューのカスタマイズは終わりです。

100個以上の操作方法から自由に設定できるので初めは何を選択すればいいのか迷うと思いますが、使っているうちに自分がよく使う機能がわかってくるので、使いながら変更していきましょう。

(私の場合はアクションツールバーに「タップ」と「ロングプレス」で合計14個の操作を割り当てているので、メニューにはページ内検索、ユーザーエージェント(スマホ⇔パソコン版サイトの表示切替)、広告ブロックのON/OFF、プライベートモードなどのたまに使う操作を割り当てています。)

下の記事では「Habit Browser」で使うと便利な機能について書いています。メニューに設定しておくと個人的には便利だと思います。
Androidブラウザ「Habit Browser」のよく使う機能の使い方と設定方法

おわりに

今回は、アクションツールバーとメニューにある機能を自由にカスタマイズする方法をご紹介しました。

自分がよく使う機能を設定することで「Habit Browser」がとても使いやすくなるので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
PC-楽天広告
PC-楽天広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
PC-楽天広告