HUAWEI P10 liteで1か月に利用可能なデータ通信量の上限を設定して、通信量の使い過ぎを防ぐ方法

HUAWEI P10 liteでは、「1か月の利用可能なデータ通信量の上限」を設定することができます。

「1か月の利用可能なデータ通信量の上限」を設定すると、データ通信量の上限に到達したときにモバイルデータ通信を無効化して通知をしてくれます。

簡単な設定で通信量の使い過ぎを防ぐ対策ができるので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

1か月の利用可能なデータ通信量を設定する

設定アプリ(または端末管理アプリ)からモバイルデータ通信へと進み、右上にある歯車マークをタップしてください。

「1か月の利用可能なデータ通信量」をタップして、自分の契約しているプランに合わせてデータ通信量の上限を入力しましょう。(GBとMBを選択できるので、入力したデータ通信量に合わせて単位を変更してください。)

次に「通信料の通知」から、1か月に利用可能なデータ通信量が上限に達した場合の動作に関して設定を行います。

「1か月の上限超過時の動作」をタップして、データ通信量が上限に達した場合の動作を「通知」か「モバイルデータ通信を無効化」から選択します。モバイルデータ通信を無効化を選択すると、データ通信量の上限に達したときにモバイルデータ通信が無効になり、下の画像のようなお知らせが表示されます。

当然のことながら再度有効化すればモバイルデータ通信は行われるので、設定したデータ通信料の上限以上に使いたくない場合は注意してください。

また、1か月・1日あたりのデータ通信料が上限の○○%に達したときに通知をしてくれるので、スライドバーを左右に動かして通知のパーセンテージを変更してください。

これで、1か月の利用可能なデータ通信料の設定は終わりです。「モバイルデータ通信」画面に使用した量と残りのモバイルデータ通信量が表示されます。また、端末管理アプリではトップページに残りの通信料が表示されるようになります。

今回設定したモバイルデータ通信量は通信事業者のデータ通信量とは異なる場合があります。ですので、モバイルデータ通信量の使い過ぎを防ぐ一つの対策として利用しましょう。

スポンサーリンク

その他の設定

次に、モバイルデータ通信のその他の機能や設定について書いていきます。

通信量ランキング

「通信量ランキング」をタップすると、各アプリで直近の1日・1週間・1か月に使用されたデータ通信量を確認できます。各アプリをタップするとさらに詳細なデータが表示されます。モバイルデータ通信とWi-Fi通信量のランキング表示は上部をタップすると変更できます。

ネットワーク通信を行うアプリ

それぞれのアプリのインターネット接続権限を変更できます。通常は全てにチェックが入っていますが、「Wi-Fi通信のみでモバイルデータ通信では使いたくない」というようなアプリがある場合には、チェックを外してください。

データセーバー

データセーバーを有効にすると、バックグラウンドでのデータ通信を禁止したり、アプリのデータ通信の回数を制限することでデータ通信量を節約してくれます。

メール、メッセージ、SNSなどの最新情報を受信できなくなる場合があるので、データセーバーが有効な場合でもデータ通信を制限したくないアプリについては、各アプリのアイコンをタップして設定してください。

データセーバーが有効な場合は、ステータスバー(画面上部)に「モバイルデータ通信マークに葉っぱがついたアイコン」が表示されます。

まとめ

今回は、HUAWEI P10 liteで「1か月の利用可能なデータ通信料」の上限を設定する方法をご紹介しました。

簡単な設定でモバイルデータ通信量の使い過ぎを防ぐことができるので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
PC-楽天広告
PC-楽天広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
PC-楽天広告