HUAWEI P10 liteの端末管理アプリの使い方と設定!最適化やクリーンアップ、ウイルススキャンを行う

HUAWEI P10 liteには、端末の最適化やウイルススキャンなどを簡単に行うことできる「端末管理」というアプリが入っています。

今回は、最適化やメモリのクリーンアップ、ウイルススキャン、バッテリー管理の使い方や設定方法をご紹介します。

スポンサーリンク

最適化

「最適化」は、タップするだけでパフォーマンスやセキュリティーなどを最適化することができる機能です。

端末管理アプリをタップして開くと、現在のパフォーマンスが表示されます(最大100%。パフォーマンスの表示までには数秒かかります。)

最適化をタップすると、パフォーマンスの最適化、メモリの開放、セキュリティの強化などが自動的に行われます。

クリーンアップ

「クリーンアップ」は、アプリのキャッシュやシステムの不要なファイルを消去してくれる機能です。

端末管理アプリの「クリーンアップ」をタップするとスキャンが始まります。

スキャンが終わると削除できるアプリのキャッシュやシステムの不要なファイルが表示されるので、削除したくないものがあればチェックを外してください。下にある「クリーンアップ」をタップすると消去がされるので、完了をタップして終了してください。

クリーンアップは「設定アプリ⇒メモリとストレージ⇒ストレージクリーナー」からも行えます。

クリーンアップの設定を変更する

クリーンアップの画面で右上の歯車マークをタップすると設定を変更することができます。

・自動クリーンアップ
システムやアプリで生成された不要なファイルを自動で削除してくれます。

・頻繁に使用しないデータのクリーンアップ通知
しばらく使用していない大容量のファイルやアプリがあるとクリーンアップの通知をしてくれます。

・動作が遅い場合に通知
メモリやCPU使用率が高くなっていたり、動作が遅くなった時に通知してくれます。

通常の使用では「頻繁に使用しないデータのクリーンアップ通知」と「動作が遅い場合に通知」はオフのままでいいと思います。

また「メモリクリーンアップ対象外」では、クリーンアップの時にスキップするアプリを指定できます。メモリを削除したい・したくないアプリを選択したい場合は変更しましょう。

ウイルススキャン

HUAWEI P10 liteにはウイルススキャン機能がプリインストールされており、スキャンとマルウェアの削除ができます(常時監視しているわけではありません。)

端末管理アプリの「ウイルススキャン」をタップするとスキャンが始まるので、終わったら完了をタップして終了してください。

ウイルススキャンは「設定アプリ⇒セキュリティとプライバシー⇒ウイルススキャン」からも行えます。

ウイルススキャンの設定を変更する

ウイルススキャンの画面で右上の歯車マークをタップすると設定を変更することができます。

・クラウドスキャン
インターネットに接続して最新のアンチウイルスデータベースを使用して端末をフルスキャンできます。

・スキャン通知
30日以上ウイルススキャンが実施されていない時に通知してくれます。

「クラウドスキャン」と「スキャン通知」はどちらもオンにしておくことをオススメします。

「ウイルススキャンモード」ではクイックスキャン(重要なファイルとインストールされているアプリのみ)とフルスキャン(端末全体)のどちらかを選択できます。フルスキャンのほうが時間がかかりますが、大した時間ではないのでフルスキャンがおすすめです。

「ウイルスライブラリ」ではウイルススキャンの更新設定を変更できます。自動更新とWi-Fi上でのみ更新をオンにしておくと、Wi-Fiに接続しているときにウイルスデータベースが自動的に更新されます。

スポンサーリンク

バッテリー管理

「電池残量」をタップするとバッテリー消費量の確認や省電力モードへの変更、バッテリー消費に関するパフォーマンスの最適化などが行えます。こちらは設定アプリの「電池」からも確認・変更ができます。

バッテリー消費量の確認

「その他」にある消費量レベルをタップすると、どのソフトウェア・ハードウェアがどれくらい電力を消費しているかを確認できます。

「電池残量(%)」をオンにするとステータスバー(画面上部)に電池残量がパーセントで表示されるようになります。

省電力モード

「省電力モード」を有効にするとバッテリーの節約ができます。

・省電力モード
バックグラウンドアプリの制限、メール同期とシステム音を無効、画面の明るさや視覚効果を低減してバッテリー消費を節約します。

・ウルトラ省電力
一部のアプリのみが利用できます。電池残量が少ししかない場合などに利用します。

画面ロック時に特定のアプリを閉じる

「画面ロック時に閉じるアプリ」では、画面ロック時にバックグラウンドで動作しているアプリを閉じることができます。メール、メッセージ、SNSアプリなどを閉じると新規メッセージを受信できなくなる場合があるので、そのようなアプリは指定しないようにしましょう。

解像度を下げて省電力

「解像度を下げて省電力」をオンにすると必要に応じて画面の解像度が下がり、バッテリー消費が節約されます。特に気になるほどの変化はないのでオンにしておくことをオススメします。

最適化

タップすると自動的に消費電力に関するパフォーマンスの最適化が行われます。

最適化が終了するとバッテリー消費の節約についてのアドバイスが表示されるので、さらにバッテリー消費を節約したい場合は手動で設定を変更してください。

ショートカットを作成する

端末管理アプリ内にある機能は、ホーム画面にショートカットを作成することができます。

端末管理アプリの右上にある歯車マークからショートカットをタップすると作成画面に移動します。

作成したい機能をオンにするとホーム画面にショートカットが作成されて、次からはホーム画面のショートカットをタップするだけで使用できます。削除したい場合は先ほどの画面でオフにするか、ホーム画面のショートカットを長押しして上部に表示される「削除」まで移動させてください。

まとめ

今回は、HUAWEI P10 liteの「端末管理アプリ」でできる最適化やメモリのクリーンアップ、ウイルススキャン、バッテリー管理の使い方や設定をご紹介しました。

頻繁に使うものではないですが、端末の最適化やウイルススキャンなどを簡単に行うことができる便利なアプリなので、是非ご利用ください。

スポンサーリンク
記事下広告PC
記事下広告PC

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
記事下広告PC