PageSpeed Insightsの提案「圧縮を有効にする」へ対応してWordPressを高速化する方法

Googleが提供するウェブページの高速化に役立つツール「PageSpeed Insights」で提案される高速化のアドバイスのひとつである「圧縮を有効にする」についての対策を忘備録として書いていきます。

 

『PageSpeed Insights』とは

『PageSpeed Insights』は、ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための方法を提案してくれる、Google Developersが提供するサービスです。

解析したいページのURLを入力して「分析」をクリックすると、解析したページのモバイル版・パソコン版の点数が表示され、ページの表示速度を上げるための提案(アドバイス)が表示されます。

解析したサイトによって、「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」、「サーバーの応答時間を短縮する」、「圧縮を有効にする」、「表示可能コンテンツの優先順位を決定する」など様々なページの表示速度を上げるための提案(アドバイス)が表示されると思います。

今回はその中でも対策がいまいちわかりづらい方も多いと思われる「圧縮を有効にする」についての対策を書いていきます。

圧縮を有効にする方法

Apacheサーバーの「mod_deflate」という機能を使って、コンテンツをgzipに圧縮して転送量を減らします。

.htaccessに下記を追加します。

<IfModule mod_deflate.c>
     SetOutputFilter DEFLATE
     AddOutputFilterByType DEFLATE text/html text/plain text/xml
</IfModule>

参考:PageSpeed Insights – 圧縮を有効にする

簡易的な対策ではありますが、これだけで十分効果を得られます!

さらに圧縮したい場合

さらに圧縮したい場合は下記の設定を使用することもできますが、これは複雑な設定で理解せずに使用するのはオススメできないので、上記に記載したものだけでいいと思います。

<Location />
# Insert filter
SetOutputFilter DEFLATE

# Netscape 4.x has some problems...
BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html

# Netscape 4.06-4.08 have some more problems
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip

# MSIE masquerades as Netscape, but it is fine
# BrowserMatch \bMSIE !no-gzip !gzip-only-text/html

# Don't compress images
SetEnvIfNoCase Request_URI \
\.(?:gif|jpe?g|png)$ no-gzip dont-vary

# Make sure proxies don't deliver the wrong content
Header append Vary User-Agent env=!dont-vary
</Location>

mod_deflateが圧縮されているかを確認

HTTP Compression Testを使用して、先ほど記載したApacheサーバーの「mod_deflate」が機能しているかどうかを調べることができます。

確認したいサイトのURLを入力しTestをクリックすると、「mod_deflate」が機能しているかどうかと、非圧縮時と圧縮時のファイルサイズが表示されます。

【[チェックマーク](入力したURL)is Compressed】の下に表示されているのが圧縮時と非圧縮時とのそれぞれのファイルサイズです。

その下にある「Browser Compression Compatibility」でブラウザがgzip圧縮に対応しているかを確認できます。【[チェックマーク]Yes, Your Browser is Requesting Compressed Content】と表示されていれば対応しています。

おわりに

今回は、「PageSpeed Insights」で提案される高速化のアドバイスのひとつである「圧縮を有効にする」についての対策をご紹介しました。

.htaccessに記述する作業を行う前には必ずバックアップをとしてください。

記述に誤りがあると、サイト全体が表示されないなど不具合を起こす原因になるので、.htaccessに記述する際は注意してください。

圧縮を有効にする方法に記載した簡易的な対策で十分効果を得られますので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
記事下広告
記事下広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
記事下広告