【SEO対策】ビッグキーワードとスモールキーワードで検索エンジン上位表示を狙う

SEOにおいて、キーワードの選定は重要なポイントです。

今回は、「ビッグキーワード」と「スモールキーワード」について解説いたします。

 

ビッグキーワードとは

検索需要の多いキーワードのことを「ビッグキーワード」と呼びます。ビッグキーワードで検索の上位に表示されると、かなりのアクセスを獲得できます。

ビッグキーワードのみはNG!

個人でホームページやブログをやっている場合は、ビッグキーワードのみで検索の上位に表示されることを狙うことはオススメできません。当然のことながら個人のサイトやブログで、ビッグキーワードで検索の上位に表示されることは至難の業です。

もしも上位に入れた場合でも、すぐライバルが現れることは目に見えていますし、大手のサイトが同じキーワードで記事を書けば、結果は言うまでもありません。

 

スモールキーワードとは?

ビッグキーワードと比べて、検索需要の少ないキーワードのことを「スモールキーワード」と呼びます。

ビッグキーワードとの違いは?

スモールキーワードは、ビッグキーワードに比べてライバルが少ないので、読者のために役に立つ記事を書いていれば安定したアクセスを得られます。

読者の需要がはっきりしている場合では、一つのビッグキーワードに複数のスモールキーワードを組み合わせた記事ですと、少ない検索需要からでも売上につながる可能性が非常に高くなるので、とても有効です。

まとめ

ライバルが少ない場合、一度検索の上位に表示されると安定した順位とアクセスを獲得できます。

スモールキーワードはビッグキーワードと比べてライバルが少ないので、スモールキーワードのみの記事、または、ビッグキーワードとスモールキーワードを組み合わせた記事を書くことをお勧めします。

スポンサーリンク
記事下広告
記事下広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
記事下広告